家の作りやうは、夏をむねとすべし

家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。
深き水は、涼しげなし。浅くて流れたる、遥かに涼し。細かなる物を見るに、遣戸は、蔀の間よりも明し。天井の高きは、冬寒く、燈暗し。造作は、用なき所を作りたる、見るも面白く、万の用にも立ちてよしとぞ、人の定め合ひ侍りし。

吉田兼好が鎌倉時代に書いた「徒然草 第五十五段」

 

家づくりは、夏の暑い季節を涼しく過ごせるように考えた方がいい。冬は暖をとったり、厚着をすれば寒さをしのげる。ということだが、もっともであると私は思う。OKUZAWAの事務所は、軒を深くし陽ざしを遮り風向きを考慮した開口位置にしているので、この暑さでもエアコンがいらない。もともとエアコンが嫌いだからなのかも知れませんが、今日も私とスタッフ、事務所内で図面作成などしていたがエアコンは使いませんでした。

この涼しいスタジオで明後日8月13日からオープンハウス(見学会)を行います。(お客様がご来場の際はエアコンを付けさせていただいてます)
家づくりは、季節ごとの陽ざしの取り入れ方や風向きをほんの少しだけ考えることにより過ごしやすい空間ができるものです。友達の家に遊びに行く感じで、お気軽にお問合せください。

「オープンハウス日程」

8月13日 (木) 10:00~15:00

8月14日 (金) 10:00~15:00

8月15日 (土) 10:00~15:00

※日程にまだ若干空きがございますのでご予約の上お越しください。