2回目の配筋検査

本日は玉縄プロジェクトの2回目の配筋検査。



この現場は立上り一体打ち基礎なので、

外枠建て込みと配筋が終わった時点で

1回目の配筋検査。

1510291.jpg

そして、内枠建て込みとアンカーボルトが

終わった時点で2回目の配筋検査。

どちらも是正項目は無し。

通常の検査は、定着長さの不足や結束範囲の不足など

是正項目が数箇所あるものだがこの現場は無い。

私は毎日に現場に出て、職方と顔を合わせて

打ち合わせをしているので、作業する前に

この現場での注意事項や細かい納まりに関しての

伝達が行き届いているかなのです。

図面上で表記して、さらに言葉で伝えることで

ミスのない仕事に繋がっているのだと思います。

その他、私の設計以上の事も提案してくれる職方に

感謝しています。

職方と毎日顔を合わせ、

私たちが目指す理想の建物の話しをすることにより

それに向かって誇りを持って取り組んでいるのだと思います。

構造の基本をご覧いただけますので、

立上り一体打ち基礎の見学をご希望の方は

お気軽にお問合せください。

151031.jpg