化粧垂木に化粧野地

玉縄の家は、陽ざしの取り入れ方と風通しを考えて2階リビングにしています。このリビングは化粧垂木に化粧野地板を使うのですが、お盆明けの建方に向けて天然オイル塗りの下準備が必要です。ヒノキの化粧野地板は作業場でオイル塗りを行い、階段に使う予定のヒバ集成も一緒に塗装。天然オイルを塗り、乾いたらペーパーを軽くあてるとなめらかで肌触りの良い仕上がりになる。

1708081.jpeg

化粧垂木は現場にてオイル塗り。このように構造体などをあらわしで使う場合には、建方の時にすべて仕上がっていないと柱や梁と一緒に組んでいくことができません。この他にも1階の天井も構造材があらわしになるところが多いので雨天での作業は避けたいところ。木工事に関しての加工は終わったので、あとはいつものように雨が降らないように祈るだけ。

1708091.jpg