北鎌倉の家の地盤調査 

北鎌倉の家の地盤調査

北鎌倉スタジオと同じ

埋蔵文化財包蔵地に該当するので、

1本目から配置確認を兼ねて立ち合い。


1709261.jpeg

新しく家を建てるのに、基礎や構造がどんなにしっかりしていても、

その下の地盤が軟弱だと建物は傾いたり、崩れてしまう恐れがあります。

そこで、地盤の良し悪しを調査して建物の荷重などに耐えられる地盤か

どうかを確認します。



今回は、地盤調査の手法の一つで木造住宅では幅広く採用されている

「スウェーデン式サウンディング試験」です。

この試験は、地表面から深度10mまでの土の硬軟、締まり具合などを

判別するための抵抗値を求める試験です。

スウェーデン式サウンディング試験は、

25kg、50kg、75kg、100kgの4種類のおもりを25cm掘り下げるのに、

ハンドルを何回転させたかによって地盤の強さを計算します。

そして、半回転を単位1とし、

25cm掘り下げるために半回転数が1以上あれば地耐力は3.0t/m2以上あり、

100kgでは、沈んでしまい、75kgのおもりでとどまっている場合は地耐力2.3t/m2程度、

75kgでも沈み込み、50kgのおもりでとどまっている場合は2.0t/m2以下の地盤となります。

そのため、地盤調査書の中で、半回転数が0の自沈層がどの程度あるのか、

あるいは75kgや50kgで沈んでしまう自沈層があるのかという自沈層の有無で、

地盤補強の必要性を判断することになります。

想定範囲内ではあるものの

補強計画を検討しなければ。。。