地域型住宅グリーン化事業

 

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅のことです。認定されるためには、耐震性、省エネルギー性、劣化対策などにおいて、定められた基準を満たす必要があります。主な基準が「住宅性能評価制度」の必須項目と重なります。また、減税などの面でさらに有利です。

地域型グリーン化事業とは国土交通省が地域における木造住宅の生産体制を強化し、環境負荷の低減を図るため、資材供給、設計、施工などの連携体制による、省エネルギー性能や耐久性などに優れた木造住宅の整備に対して支援する事業のことです。

つまり、わたしたちのような建築設計事務所や中小工務店が建設するゼロエネルギー住宅に対し、補助金交付を行う取り組みで、大手ハウスメーカーでは使えない国の補助金制度です。