通風計画

地域や空気の特性を生かして風の入口・出口を考慮して、窓を配置し、風の通り道をつくって、気持ち良く暮らせるように設計します。

また、季節や時間による太陽高度や日射量を考慮し、夏は日差しを遮って冬は日だまりをつくる設計をします。夏は7割以上の熱が窓やドアの開口部から出入りするため、光や熱を遮るように屋根を設計し、冬はあたたかい日差しが入るように窓配置をします。