耐震性能の高い構造

耐震等級について

 

 家づくりで最も大切なものは構造とOKUZAWAでは考えています。品質確保促進法では家づくりをする方が、耐震性を判断する目安として3段階の耐震等級が表示されています。

 

 

耐震等級1

数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震力に対して倒壊・崩壊せず、数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度。

 

耐震等級2

耐震等級1の1.25倍の地震力によっても倒壊・崩壊しない程度。

 

耐震等級3

耐震等級1の1.50倍の地震力によっても倒壊・崩壊しない程度。

 

OKUZAWAの家づくりは許容応力度計算を行い、長期優良住宅普及促進法の認定で求められる耐震等級2・耐震等級3をはじめとする等級判定が可能。この構造計算をするからこそ自由なデザインにつながるのです。

 

 

立上り一体打ち基礎


木造住宅の基礎は底盤のコンクリートを打設したあとに、立上りのコンクリート打設を行う2回打ちが一般的ですが、OKUZAWAでは基礎立上りが高い場合は、打継材を使い底盤と立上りを密着させ強度UPと止水性を高めます。基礎立上りが低い場合は基礎底盤と立上りを一緒にコンクリート打設を行います。コンクリートの打設が少ない方が強度が増し、打継からの湿気・水の侵入とシロアリなどの虫の侵入を防ぎます。

 

接合金物


木造住宅接合金物とは、木造住宅の接合部を補強するために使用される金物のことです。筋交い接合金物、柱接合金物・かど金物、羽子板金物など、さまざまな種類の金物があります。筋交いとは、水平力に対して対抗できるように壁に斜めに入れ耐力壁にするための部材であり、接合金物は筋交い端部を接合します。

地盤調査


新しく家を建てるのに、基礎や構造がどんなにしっかりしていても、その下の地盤が軟弱だと建物は傾いたり、崩れてしまう恐れがあります。そこで、地盤の良し悪しを調査して建物の荷重などに耐えられる地盤かどうかを確認します。OKUZAWAでは地盤調査の手法の一つで木造住宅では幅広く採用されている「スウェーデン式サウンディング試験」を採用しています。

地盤補強


補強が必要な土地で、施工する範囲や重機などの車両搬入経路も確保できる場合、現場打ちの柱状補強工事を行います。杭成分は、セメントに特殊混和材を入れたもので、地中に築造した杭状補強材の、先端支持力と周面摩擦力とにより支持力を発揮します。土塊が混入するのを防ぎ安定した品質を確保した工法になります。