鎌倉玉縄「化粧梁の家」

階段を上ると、化粧梁の勾配天井とヒノキの無垢フローリングの床が広がります。リビング、ダイニング・キッチンが一つの空間にあり、勾配天井になっていることで、空間を広く感じることが出来、大開口のサッシからはたくさんの陽を取り込むことが出来ます。また、軒を深くして、夏は日中の陽を遮り、冬は陽を取り込み、季節による日の入り方も考慮して設計しています。

1階は寝室と玄関ホールにヒノキの無垢フローリング、洋室とウォークインクローゼットに杉の無垢フローリングを使用し、無垢の木の違いと経年変化を楽しむことができます。